調剤薬局事務

  • 2021年2月3日
  • 資格
  • 113view

調剤薬局事務の仕事内容

病院で診察を受けた人が処方箋を受け取り、それを調剤薬局に持って行って薬を出してもらいますが、その際に調剤薬局で事務を行うのが調剤薬局事務です。

具体的な仕事内容を見てみると、まずは患者さんから処方箋を受け付けて、その患者さんの登録を行います。次に薬剤料や調剤料の算定をしたり薬歴簿を記入して、会計を行うまでが一連の流れです。

他にも調剤録を作成してレセプトを作成しますので、業務内容は多岐にわたります。レセプトは国や健康保険組合への請求書となる調剤報酬明細書のことであり、これらすべてのことを行う調剤薬局事務は色々と覚えることがあります。

薬局外観

場合によっては薬剤師のサポートも行い、患者さんに薬を宅配したり薬剤師の指導のもとで調剤の手伝いをすることもありますし、医薬品を発注するのも大事な仕事の一つです。

医薬品の発注自体はそれほど頻度は多くはありませんが、届いた医薬品が注文したものと合っているかをしっかりとチェックし、伝票の整理も同時に行わなければなりません。

調剤士のサポートを行う時には清潔感が求められ、倉庫内を片づけたり薬局内の清掃を任されることもあります。会計業務に関しては、自動計算のため難しくはありません。

 

調剤薬局事務の給料事情

調剤薬局事務の仕事に就くことを考えている場合に気になるのが給料です。

平均年収を調べてみると、300万円前後となっていることが多いようです。これを月収で考えると20万円に届かないこともありますが、残業代等の手当てがつくことで少しプラスされます。勤続年数が長くなったり年齢が上がることで基本給がアップするケースも多く、50代くらいになると平均年収は50万円から100万円ほど上がることもあります。

お給料

少しでも高い給料を得たい時には、資格を取っておくのがお勧めです。資格手当をもうけているところが多いので、その分増えます。

また、雇用形態によっても異なる部分であり、勤め先の調剤薬局によっても差が出ます。

退職後に勤め続ける人も多く、一度辞めても他の調剤薬局で働く人が多いのが調剤薬局事務ですが、退職後の給料が大幅に下がることはありませんので、同じレベルを維持できるのが大きな特徴です。

通常ですと退職を迎えた途端にかなり安くなってしまい、同じ仕事内容でも収入は一気に下がってしまいますが、調剤薬局事務ならその心配はありません。パートやアルバイトの場合は平均時給が800円前後、派遣社員は1,500円から1,800円程度です。

 

調剤薬局事務のメリット

様々なメリットがあるとされる調剤薬局事務の仕事ですが、もっとも大きいのはライフスタイルに合わせて働けることです。求人は正社員だけでなく派遣社員やパート社員の募集もあり、子育て中の人でも短時間で勤務することが可能です。

最近では介護をしながらできる仕事を求める人も多いのですが、そういったケースでも調剤薬局事務ならできますので、誰もが働きやすい仕事と言えます。応募する際には特に資格も必要なく、入社してから取得することもできます。

お薬

調剤薬局自体は全国の色々な場所にあるため、どこの地域でも仕事を見つけやすいというのもメリットです。医療分野はこれから成長が見込まれており、将来性が高いことも魅力です。高齢化社会を迎えて薬の需要はますます高まりますので、安定して長く働き続けられます。

働いているうちに薬に詳しくなれることもメリットとして挙げられます。最初は全く分からなくても、徐々に薬についての知識が増えていき、身に付いた知識は仕事だけでなく私生活にも役立てることが可能です。

一度入社してしまえば、その時の知識が転職の際にも役立ちますので、将来的にキャリアアップをはかりたいと考えている人にも適している仕事です。

 

調剤薬局事務のやりがい

日々の仕事を通して人の役に立てることが、調剤薬局事務として働いていてやりがいを感じられる理由です。患者さんに対応した際にはお礼を言われる機会も多く、お礼を言われると更にがんばろうという気持ちがわいてきます。また、働けば働くほど調剤薬局事務としての知識やスキルが身に付きますので、キャリアプランにも業務が役立つことが注目されるポイントです。

笑顔の女性

業務を通じて身に付けた薬や医療の知識が毎日の生活で役立った時も、この仕事をやっていて良かったと感じるようです。給料を得るための仕事が身近な人にも役立つことがあるという点で、調剤薬局事務の仕事に誇りを持っている人もいます。

基本的に薬剤師のサポートをするような時には間違いがあってはなりませんので、非常に気を使います。ですから精神的にはプレッシャーを感じることもありますが、責任のある仕事だからこそやりがいを感じるという人も大勢いるようです。ミスを起こさないように1つずつ丁寧に確認する仕事には、大きなやりがいを感じます。

人の役に立てて、その上薬の知識も身に付くという非常にやりがいのある仕事です。一度仕事を辞めた人でも活躍するチャンスがありますので、幅広い世代に人気があります。

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

調剤薬局事務のおすすめオンラインスクール

【生涯学習のユーキャン】