行政書士

  • 2021年2月3日
  • 資格
  • 147view

行政書士の仕事内容

行政書士の仕事は官公庁などに提出する様々な書類の作成を代行するのが主となっており、専門的な知識を持っていなければ作成することができない複雑な申請書類などを作成することができるのが特徴となっています。

様々な業務を行うための資格の申請はその作成書類が非常に難解なことが多いため、専門的な知識を持っている行政書士に頼らなければ効率的な申請を行うことができない場合が少なくありません。

内容証明書

 

特に最近話題となっている都道府県が認可する建築業の資格や、産業廃棄物の処理業などを始める際に必要な産廃処理の認可申請などは専門的な書類を作成して申請を行わなければならないため、行政書士がこれらの業務を行うのが一般的となっており、非常に重要な資格となっているのが実態です。

さらにその他にも行政書士の資格を取得していなければ行うことができない業務が非常に多いほか、法律面での専門的な知識を持っているために様々な手続きを専門的に行うことができるなど、非常にメリットの多い資格となっているため、近年では取得希望者が非常に多くなっているのも実態です。

様々な面で多くの人に役立つ仕事を任されることが多く、法律面で非常に重要な資格となっているのがポイントです。

 

行政書士の給料事情

行政書士は様々な場面で非常に重要な資格となっているため、その資格を持っていると給与面で優遇されると言う実態があり、その金額も非常に高い水準となっていることが多いものです。

独立開業している場合には自ら報酬を設定する形となるため、世の中の状況に左右されやすい面もあるのですが、様々な書類の作成など市場ニーズが非常に大きいことからその水準も一般の事務職に比べると非常に高いものとなっており、給与面で優遇されることが多いのが特徴です。

お給料

最近では企業に勤務する行政書士も非常に多くなっていますが、この場合には一般の事務職に比べて非常に良い待遇が与えられることが多くなっています。企業内では特に様々な申請書類の作成が頻繁に行われることから社内ではその存在が非常に重要視されることが多く、給与水準は非常に高くなることが少なくありません。

社会的にも重要な業務を担う立場となるため、様々な面で優遇される資格となっているのが特徴です。そのため、行政書士の資格を取得する事は金銭面でのメリットを得ることにもつながるほか、様々な専門的な業務を独占的に行うことができることから非常に優遇される可能性の高い資格となっているのがポイントです。

 

行政書士のメリット

行政書士はその他の国家資格に比べ比較的簡単に取得できる資格となっており、また現在では社会的に枯渇していることからもその価値が認められやすい資格となっているため、取得することで非常にメリットの多いものとなっているのが特徴です。

その資格を取得することで様々な企業に好待遇で就職することができる可能性が広がり、特に建築業などは様々な申請書類の作成が非常に多いために多くの場面で対応されるものとなっているのがポイントです。そのため行政書士は単に自ら開業するだけではなく、就職面でも大きなメリットがあると考えられています。

行政書士バッチ

特に官公庁などに提出する書類の場合にはその表現が法律に則ったものでなければならず、また様々なルールが決められておりその内容によって認可の是非が変わることも少なくありません。そのため一般の人が作成する場合に比べ認可を受けることができる可能性が高くなると考えられ、その面でも多くの企業から要望されるものとなっているのが特徴です。

行政書士のメリットは様々な場面で活躍する機会が広がることであり、その多くが公的な場面で社会貢献をすることができる点にあることから、これに応じて給与水準が高く働きがいがあることがポイントとなっています。

 

行政書士のやりがい

行政書士は現代の複雑な社会の中では非常に重要な役割を担っており、特に法律的な専門知識を持っていることから一般の人と官公庁やその他の役所との橋渡しをする重要な役割を担うことが少なくありません。そのため社会の役に立つ面では非常にやりがいの大きい仕事となっているのが特徴です。

最近では新たに仕事を始める場合でも様々な届け出を官公庁に行わなければならず、この書類の作成に経営者自身が追われてしまうことが少なくありません。しかし新たに事業を立ち上げる場合などは経営者はその準備で非常に忙しく、様々な申請書類を作成するためにはその作成をするための様々な勉強をしなければならないことから余分な時間がとられてしまうことになります。

笑顔の行政書士

これを事務的な面でサポートをすることができるのが行政書士の特徴であり、その知識と経験を生かして新たな事業の立ち上げに貢献することができることも大きなやりがいとなります。

その他にも弁護士や司法書士では敷居が高いと考えられる法律的な問題の相談を受け付けたり、様々なトラブルの解決に当たるなどといったことも多いため、非常に社会的な貢献度が高く、多くの人の役に立つと言う意味で非常にやりがいのある仕事となっているのが特徴です。

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

おすすめオンライン講座

【生涯学習のユーキャン】

 

難関資格・国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】