登録販売者

  • 2021年2月3日
  • 資格
  • 120view

登録販売者の仕事内容

登録販売者は、医薬品を専門的に販売することができる資格を持つものであり、2009年の薬事法改正によって誕生した資格です。

これまでは基本的には薬剤師が対面販売をしなければならないと言うルールになっていましたが、薬剤師の不足により様々な問題が生じたこと、また特に対面販売をしなければならない医薬品に関して薬剤師の資格を持たないものが販売を行っていたといった実情があり、様々な副作用の発生などを抑えるために厳格にその販売を規定したことによるものとなっています。

ドラッグストア外観
登録販売者は薬剤師に代わって様々な医薬品を販売することができる資格であり、医薬品に関するさまざまな知識を持つことが前提となります。

そのため、これまでドラッグストアのアルバイトなどが医薬品を販売していたのに対し、2009年の薬事法改正後は登録販売者がいないとこれらの医薬品を販売することができないことになりました。そのため、一般に市販している医薬品を安全に販売する上で、非常に重要な資格となっています。

登録販売者は薬剤師と異なり、一般に市販されている医薬品の販売に特化して行うことができる資格となっているのが特徴です。そのため、調剤などを行うことはできませんが、現代のように市販の医薬品を利用することが推奨されている中では非常に重要なものとなっています。

 

登録販売者の給料事情

登録販売者はドラッグストアや薬局などに置いて医薬品を販売することができる資格であるため、多くのドラッグストアや薬局などでは薬剤師に代わるものとして非常に歓迎されているのが実情です。

しかしその業務範囲は薬剤師とは異なり、一般に市販されている医薬品の販売に携わることができるものに限定されるため、その給料事情は決して芳しいものではありません。

お給料
医薬品を販売することができる資格の中で最も給料が高いのは薬剤師であり、基本的には調剤を兼ねる薬局やドラッグストアなどでは薬剤師をより多く雇用したいのが実情です。しかし薬剤師の給与水準は高く、多くの薬剤師を雇用することができないのが実態であるため、これに代わるものとして登録販売者を雇用しているのが実情となっています。

そのため一般のアルバイトに比べ給与水準は高くなる事は当然ですが、薬剤師に比較すると低くなっているのが現状であり、その内容は決して芳しいものではありません。

業務が限定され、さらにドラッグストアなどでは一般の商品の販売も行わなければならないと言う実態もあることから、その給与水準はその資格に見合ったものとはなっていないのが多くの人が感じる実情となっています。

 

登録販売者のメリット

登録販売者は様々な医薬品の知識を持ち、またこれを購入する人に対して適切なアドバイスをすることができるのがメリットとなっています。

薬剤師は様々な薬の成分等に精通し、医師の処方に対して患者の薬の投与の状態などを併せて考慮しながらその飲み合わせを考えることができる知識を持っていますが、登録販売者も実際にはこの飲み合わせに関する知識を持っていることが前提となっています。

ドラッグストアお薬コーナー

そのため一般の人では販売できないような強い副作用の可能性がある医薬品に関しても、適切な判断のもとで販売を行うことができるものとなっており、非常に高い知識が求められるのです。登録販売者の資格を取得することは、一般の人が取り扱うことができない医薬品を販売することができる資格であるため、医薬品を取り扱う店舗においては非常に重要な存在です。

また、薬剤師に比較して比較的その仕事内容が限定されるため、雇用する側にとっても雇用しやすいのがメリットとなっています。仕事内容によっては非常に大きな負荷がかかってしまうこともあるのですが、顧客に信頼されると言う面では非常に大きなメリットのある資格となっており、さらに医薬品を販売する店舗からは高い信頼を得ることができるものとなっているのが特徴です。

 

登録販売者のやりがい

登録販売者は医薬品を販売することができる資格ですが、薬剤師の代わりに患者の症状をヒアリングし最適な薬をすすめることができるのも特徴です。

これまで一般のドラッグストアでは店舗の店に並んでいる薬の中から顧客が自分で症状やこれに対する効果を推測しながら薬を選ぶことが一般的であり、販売をする人は単純にこれを販売するといった形が一般的でしたが、知識のない顧客が薬を選ぶ際には様々なトラブルを生み出す危険性も少なくありません。

笑顔の登録販売者

登録販売者は、特に副作用の恐れ等がある医薬品を患者が購入しようとした場合にはその危険を察知し様々なヒアリングやアドバイスを行うことができるのが特徴となっており、患者の健康や安全を守ると言う立場からは非常にやりがいのある仕事です。

これまではこのような仕事は薬剤師の専門分野となっていましたが、薬剤師は非常に多忙でありそのために適切なアドバイスをすることができない場合も少なくありません。

また多くの薬剤師は市販の医薬品に関してはその知識が薄いことも多いため、この市販の医薬品に対して高い知識を持ち専門的なアドバイスをすることで患者の健康を守ることができると言う立場では非常に重要な位置づけのものです。そのためこれらの業務においては、非常にやりがいのあるものとなっています。

 

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

登録販売者おすすめオンラインスクール2撰

【生涯学習のユーキャン】

 

資格学習が980円でウケホーダイ!【オンスク.JP】