医療事務

  • 2021年2月3日
  • 資格
  • 75view

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事は病院やクリニックなどにおける会計業務や、様々な書類を作成する仕事であり医師や看護師が患者の治療に専念することができるようにするためにも非常に重要な仕事となっています。

病院やクリニックは患者の健康を守る重要な施設であると同時に、民間の企業であるため経営のためにその利益を追求しなければなりません。そのため効率よく医療の業務に医師や看護師が携わるためには、様々な事務処理を確実にこなすことができる医療事務の体制が非常に重要なものとなっているのです。

病院外観

医療事務の仕事の中で最も重要なものは、一般的には患者の治療において健康保険の適用分を請求するレセプト作成業務となっています。1ヵ月分の治療の実績をまとめ、これに様々な治療内容とこれに対する診療報酬点数を記入し請求する業務であり、本人負担分を差し引いた部分を確実に請求しなければならないことから病院の経営を支える重要な業務となっているのが実態です。

これは毎月定期的に期日までに行わなければならない業務であるため、この時期には効率よくその作成を行わなければならず、熟練した能力が求められるものとなっています。そのため多くの優秀な医療事務の資格を持つ人材を病院やクリニックでは常に募集しているのが実態です。

 

医療事務の給料事情

医療事務は事務系の資格の中では比較的市場の要求が高いものとなっており、これに比例して比較的給与水準が高いものとなっているのが実態です。平均的な時給では1200円を超えているところも多く、専門的な知識と様々な医療機関に要求されると言うニーズが相まって、事務職の中では比較的高い給料を得ることができるものとなっているのが特徴です。

しかし医療事務の資格を持っているからといって専門的な業務だけを行っていれば良いと言うものではなく、場合によっては患者の受付業務を行ったり様々なスケジュール調整などを行わなければならないと言う場合も少なくありません。

お給料

特にクリニックの場合には医療事務の資格を持つ担当者が忙しいのはレセプトの請求を行う時期だけであり、その他は特に忙しい業務がないとみられることも多いことから様々な雑用が与えられることも多くなっています。そのため比較的給料は高額である代わりに、その業務内容が幅広くなることも多いため注意をすることが必要です。

しかし実態として医療事務の資格を持つ人材は様々な病院やクリニックでは枯渇していることが多いため、その資格を持っている人は優遇されることが多いものです。また給与水準も高いことから取得していて損のない資格と考えられることが多くなっています。

 

医療事務のメリット

医療事務は医療に関する専門的な知識を持ち、特にレセプトの作成と請求業務を行うことができる唯一の資格であるため非常に重要なものとなっています。多くの病院やクリニックでは経営を支える重要な存在となっていることも多いため、非常に優遇されることが少なくありません。

待遇面ではその他の事務職に比べて給与水準が高く設定されることも多く、また様々な経営課題に関してアドバイスをする立場となることも多いものです。病院経営のためにはなくてはならない存在と考えられている面もあり、そのため場合によっては様々な病院内での権力が与えられることも多くなっています。

受付

医療事務の資格を持つメリットは、様々な診療に関してその適正さを判断することができる力を養うことができることで、単純に医療の知識の面からだけではなく、病院経営と言う面でも効果的な施策を考えることができる立場となることが多いのが特徴です。

単純にレセプト作成をするだけではなく、効率よく病院の経営を行うために様々な物事を考え、アドバイスをすることができる立場となることも多いため、病院経営に参加することができる能力を持っていることから様々な役職に就くことも多いのがメリットとなっています。

 

医療事務のやりがい

医療事務は病院経営を支える上で非常に重要な仕事であるため、病院内での立場が比較的強くなると言う部分もありますが、それ以上に患者の大切なお金を預かって管理をすることが重要な役割となっているため、これが大きなやりがいとなっている場合が少なくありません。

医療事務は日々の診療に対する会計業務を行い、患者と対面することが多いためその状況などを把握していることが多いものです。これにより、様々な患者と対面することが1つのやりがいとなることも多くなります。一般の業務とは異なり、事務職と言う立場で患者の健康に関わることができるのも1つの特徴となっています。

医療事務の仕事の中で最も重要なものはレセプトの作成作業ですが、これは病院経営において非常に重要なものとなっており、この部分では病院の形を支えると言う重要な役割を担っているやりがいがあります。

万が一レセプトの内容が誤っていると、それだけ診療報酬の入金が遅れてしまうためその責任は非常に重大なものとなりますが、その業務を自らが行っていると言う責任感が非常に大きなものとなっており、忙しい中でその成果をしっかりと感じることができるのが医療事務の仕事の最大の特徴です。

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

医療事務のおすすめオンラインスクール

【生涯学習のユーキャン】