公務員

  • 2021年2月12日
  • 資格
  • 148view

公務員とは

公務員とは、国や地方自治体などの行政機関で働く人々の総称です。
営利を目的にしないで、国民の幸せのために働き貢献するのが公務員の仕事になります。
公務員になるには行政機関が実施している採用試験を受け、合格する必要があります。
公務員の仕事は、大きく分けて国家公務員と地方公務員に分かれています。
国家公務員は、国民の幸せのために国の運営に関連する仕事に従事します。
内閣総理大臣や裁判官などは特別職になり、特別職以外は一般職になります。
一般職には総合職や専門職などの区分があり総合職の勤務先は主に中央省庁で、一般職の場合は地方機関や中央省庁で働きます。

公務員の女性
各地辞退の教員や職員、警察官は地方公務員になります。
各都道府県や市区町村の運営に従事し、異動は市区町村内で異動します。
公務員は民間企業の社員とは異なり、国や地域のために働くのが使命になります。

民間の企業は商品やサービスの提供により利益を得るのが目的なので、公務員とは根本的な目的が違います。
公務員の仕事は事務系と技術系に分類され行政一般職や経済系、法律系は事務系になります。
土木や機械、建築などは技術系になり難易度は試験だけでなく倍率でも変化します。

国家公務員の総合職は中央省庁に勤めるケースが多く、主に政策の企画立案を行います。
一般職は事務処理が主な業務で、どの仕事も中央省庁や関係機関での勤務になります。
国の機能を維持するための業務が基本ですが、職場により行う仕事に特徴があります。

日本のために働ける仕事で不況にも左右されにくく、福利厚生も充実しているので最近は公務員を希望する学生が増えています。
公務員を目指している場合は早い時期に情報を収集して試験に向けたスケジュールを立て、準備を整えるのが一般的です。

 

公務員のお給料事情

民間企業の給料は公開されていませんが、公務員の場合は基本的に給料が公開されています。
一般的に俸給表に従って昇進と昇級が行われ、俸給表は職務給と号俸と呼ばれる客観的な基準で示されます。
俸給表を確認すれば、どのように昇進して昇給するか把握できます。
上司でも勝手に給料を下げられないため、若い世代でも早めに住宅ローンを組む人が多いです。

お給料

将来の収入が予測しやすく生涯の人生設計を立てやすいのも、公務員のメリットになります。
国家公務員の場合は年間の収入が約145万で、地方公務員は東京で年間約150万円です。
地方公務員は各自治体により支給額が変わるので、調べる場合は住んでいる自治体の収入を確認します。
公務員の仕事は重責を伴いますが、安定した収入を得られます。
大企業の社員と比べても高待遇で、大企業に勤める社員の平均年収が500万なのにたいして、国家公務員は約632万円です。

毎月安定した収入が入るだけでなく、公務員は福利厚生も充実しています。
法律により福利厚生の実施が決まっているので、多様な休暇制度があります。
地方公務員の場合は手当が26種類もあり、給料は貰える手当の分だけ増えます。
最近は民間企業でも育児休暇を取れるケースが多くなっていますが、期間は約1年間です。

公務員の場合は最大で3年間も育児休暇を取れるので、民間と比べて大きな差になります。
育児休業手当金など各種手当も充実しているので、休業中は生活費の心配をしなくて済みます。
給料だけを見ると多くないように見える公務員もいますが、全体的に見ると高待遇なのがわかります。
特に手当の存在は大きいので、収入を調べる場合は手当を入れて計算を行い総額を出します。

 

公務員のやりがい・人気度

生涯の安定収入と福利厚生の充実により、公務員は根強い人気を誇ります。
高校生が希望する職業のランキングでは、地方公務員が1位を獲得しています。
仕事を通じて様々なやりがいを実感できるのも、日本で働く公務員の特徴です。
民間企業の仕事とは異なり、国や地方自治体は公共性の高い事業を行えます。

笑顔の女性

法律により収入と身分が保障されているので、国民の生活に役立つ公共サービスに長期的に関われます。
長期間専念して取り組んだ公共サービスが国民に喜ばれていると、社会に貢献していると実感できます。
道路の整備は全国各地で行われていますが、道路の整備事業は地方自治体の重要な仕事のひとつです。
道路は人々の生活や産業に必要不可欠なもので、道路の整備に携わっている公務員は重要性を理解しています。
公務員は事業の種類が多いため、性別や年齢を問わず様々な人と関わりながら仕事を進められます。

大きなプロジェクトが終わった後も、協力した人々と一緒に喜べます。
高速道路の建設など大規模な公共事業では、細かいプロセスが必要になります。
何十年もの年月をかけて進める事業もあり、長い年月を経て目的が遂行された時の達成感は格別です。
日本では、地域活性化に関する取り組みが積極的に進められています。
独自の文化や名産品をアピールしている地域も多いですが、地域の活性化には地元住民や製造業者など様々な関係者との調整が必要になります。

公務員は関係者と一緒に地域の活性化に取り組み、試行錯誤を繰り返しながら目標に向かいます。
最終的な目的を達成して、地域の活性化に繋がった時の達成感は大きいです。
地域住民とコミュニケーションを取り、一緒に活動して得られる絆は公務員にとって宝物になります。

 

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

公務員のおすすめオンラインスクール

難関資格・国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

 

【生涯学習のユーキャン】