介護事務

  • 2021年2月3日
  • 資格
  • 33view

介護事務の仕事内容

高齢化が進む日本において介護関係の人材は今後需要が高まると言われており、介護事務は介護サービスを提供する事業所で事務を行う仕事となります。特徴として介護保険に関する深い知識が必要であることや、メイン業務となる介護報酬請求業務では事務所の経営に関わる重要な仕事でもあります。

介護報酬請求とは、介護事業者は利用者に介護サービスを提供し国と利用者本人に利用料金を請求することになります。この請求業務を介護報酬請求と呼び、事業者にとっては非常に重要な業務であり適切に行う必要があります。

介護事務

仕事内容は多岐にわたり、メインには介護報酬請求業務を行うことがほとんどですが、その他にも電話応対や来客対応といった窓口業務を行うことが一般的です。
事務所によっては労務管理であったり、事務所で使用する備品購入や修繕に関する管理業務に携わる場合も少なくありません。介護現場は常に人員が不足している職場でもあるため、人員が足りない場合は介護事務員であってもフォローにまわる可能性も出てくるので、具体的な仕事内容は事前に確認を行うことが必要です。

介護事務員は資格取得が必須条件ではないですが、職場によっては必要なスキルや経験を求める場所もあるため、民間資格を取得していることで介護事務に必要なスキルを身につけた証明にすることが出来る場合があります。

 

介護事務の給料事情

介護事務の仕事の平均年収は約294万円で、日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。月給で換算すると25万円、初任給は19万円が相場となるため、アルバイトやパート、派遣社員として介護事務の仕事につく場合には、平均時給は997円、1,262円ほどです。

正社員として働く場合、勤務先や経験・求められるスキルによって給料の差は少ないといわれていますが、職場によっては民間資格として介護事務に関する資格を取得していることにより給料面がアップする場合や、勤続年数や役職の有無、資格の種類等で変動する場合があります。しかし他の専門職と比較すると介護事務の給与はやや低めとなっています。

お給料

主な就職先は介護サービスを提供する施設や事業所であり、介護老人福祉施設や有料老人ホーム、介護老人保健施設といった入所施設は介護事務を複数人配置しているケースが多いです。その他の職場としてはデイサービスやデイケア、訪問介護や小規模多機能型居宅介護、グループホームや居宅介護支援事務所などでも求人が出ているため、職場が多い特徴を持っています。

自宅から通える範囲で求人を出している職場を探し、給与面や福利厚生が充実しているかなど比較した上で職場を選ぶことができます。

 

介護事務のメリット

介護事務は未経験やブランクのある方でも正社員が目指せる職種として、数多くの職種の中でも注目されている特徴を持っています。介護事務で働くためには必ずしも資格を持っている必要はないといわれていますが、数ある職場で条件の良い場所で働く上でも資格を持っていた方が採用に有利になる場合があるため民間の資格獲得を目指して勉強をしている方も増えています。

介護事務に関する資格は通信講座で勉強できるものが多く、就職活動中でも自宅で受験対策が行えることもメリットの一つです。独学で知識や技術を身につけることも可能なので、子育てが一段落した段階で正社員の仕事を探しているという方や、転職を検討している人でも目指しやすいメリットを持っています。

老人ホーム外観

介護職は夜勤や早朝勤務など不規則な勤務になりがちですが、介護事務の場合は日勤業務が基本となるので不規則勤務に不安のある方や、決まった休みをとりたいという方にも従事しやすい仕事です。

月末や月初めは請求業務が集中する時期なので、休みが取りにくかったり時間外労働を行う必要が出てくる場面もありますが、それ以外の時期であれば休みの融通が利きやすい点も決められた時間内でしっかり働きたいという方に向いている職種です。

 

介護事務のやりがい

介護事務は介護施設や事業所の経営に関する非常に重要な仕事です。介護報酬請求業務やレセプト作成をこなすためには、介護保険制度の深い知識が求められることや、3年に1度に改定される制度の最新情報を常に把握する必要があることから、常に仕事に関する向上心と学ぶ姿勢が求められる職種となっています。

決して簡単な仕事ではありませんが、自分の携わる業務によって多額のお金が動くことになるので正しく管理していくことにやりがいを感じられる仕事でもあります。また介護施設の窓口業務を行う機会も多いので、窓口で利用者やその家族とコミュニケーションをとる機会もあるので、自分の適切な対応や気持ちの良い対応によって利用者や家族の方に安心感を与えることができます。

笑顔の介護事務
そして介護事務は基本的にデスクワークの他にも多職種と連携しつつ行う仕事や、窓口業務も多いため人と適切にコミュニケーションをとることが得意な人に向いています。

しかし何らかの形で介護の仕事に関わりたいと考えている方や、介護保険のエキスパートとして技術や深い知識を学びたいという方にとって理想的な職場でもあります。仕事から得た知識やスキルは、介護の世界への関心や熱意に繋がっていきます。

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

おすすめオンライン講座1撰

【生涯学習のユーキャン】