中小企業診断士

  • 2021年2月5日
  • 資格
  • 16view

中小企業診断士とは

中小企業診断士は、企業の経営状態を診断して助言する仕事です。現状を細かく分析したうえで、成長のためのロードマップを描けるようにアドバイスを行います。専門知識を活用して企業の経営戦略を策定することが大きなポイントです。そのうえで具体性のある事業計画を立案して提供します。その後に十分なフォローを実施していくことも仕事の一つです。ビジネスシーンの変化は速く、企業の置かれている環境は次々と変わっていきます。それを考慮しながら実情に合ったサポートを行わなければなりません。

書類
その過程において、さまざまな橋渡しをすることも大きな特徴です。自治体や国の行政機関との間に入ることもありますし、金融機関とのつながりを構築することも珍しくありません。いずれにせよ施策の案を出すだけだけなく、しっかり活用できるように後押ししていく必要があります。そのため、臨機応変に対応していく柔軟性も強く求められます。

また、実際には上記の範疇に留まらず、経営や企業に関するノウハウを活かして多様なシーンで活躍しているの実情です。国家から承認を得ている経営のコンサルタントなので、相談を受ければ人材登用や経費削減など多くの観点からアプローチしていけます。創業や革新を求める企業を導く機会もたくさんあり、市場に的確にフィットするまで提言を続けることも珍しくありません。裏方的な役割がメインである一方で、講演を依頼されるようなケースもあります。また、企業内で顧客と企業のパイプとして活動している人も見受けられます。どのような部門でもスキルを活かせますが、客観的に企業と顧客を分析できるため、経営企画の部門などに配属されていることが多いです。

 

中小企業診断士のお給料事情

働き方のバリエーションが多いため、他の職種と比べると給料に幅があります。少ない場合は300万円ほどですが、多くの依頼をこなしている場合は1000万円を超えるケースも珍しくありません。ただし、何の後ろ盾もなく活動している場合など、仕事が極端に少ない人は200万円以下であることも多いです。また、近年は全体的に依頼が減っていることから、多くても700万円前後が一般的となってきました。このように格差が大きいので、中小企業診断士の給料について相場を示すのは簡単ではありません。あえて平均を取るとすると500万円ほどが妥当といえます。日本の年収の平均が400万円台なので、一般的な水準よりは若干上となっています。

お給料
平均的なモデルでは、月給は30万円強で年間のボーナスは100万円に満たないぐらいです。税金や保険料を引くと月収は27万円前後であり、家族がいても贅沢をしなければ暮らしていけるでしょう。ただし、年齢を考慮すると事情が少し変わってきます。平均を釣り上げているのは40代や50代の中小企業診断士だからです。40代の場合は500万円以上が一般的となっており、50代では550万円以上が多くなっています。60代になると嘱託勤務などの関係で逆に少し下がりますが、やはり低いのは30代や20代の若手です。30代は300万円台が最も多く、20代に至っては300万円に届いてない人も珍しくありません。

経験がものを言う職業であるため、このように年齢による格差が大きくなっています。そのため、若手のうちは副業を始める人が多いことも事実です。ピークが50代であることを踏まえて、若いうちは下積みのつもりで励むことがポイントになります。

 

中小企業診断士のやりがい

中小企業診断士は人からお礼を言われる機会がよくあります。企業の立て直しに貢献できたときは、経営者だけでなく従業員から感謝されることも多いです。企業を健全な状態に復帰させたということは、そこに勤めている人たちの生活を救ったと解釈できます。それどころか、その企業が取引している相手やサービスを提供している顧客にも貢献したことになります。お礼を聞くだけでもやりがいを感じられますが、自分の影響力が多岐にわたることを実感したときも嬉しいです。店頭で自分の担当している企業の製品を見かけたときは、小売業や流通業にまで影響を及ぼしていると分かります。

キャリアウーマン
また、一般的に立場の弱い中小企業の味方であることもやりがいのポイントです。それらは大企業を相手に奮闘しているケースが多く、さまざまなリソースが劣った状態で何とか頑張っています。そこに力添えをして太刀打ちできる状態に持っていけると、自分の仕事やスキルに自信を持てるようになるのです。まるで弱いチームで強いチームを倒す監督のような心境になります。どのような戦略で倒そうか検討しているときに、わくわくして心が躍るような気持ちになることも珍しくありません。自分の生み出したアイデアで目的を達成したときは、何物にも代えられないような爽快感に包まれます。

自分の成長を実感しやすいことも、やりがいと大きくしているポイントです。経験を積み重ねるつれて、中小企業診断士としての引き出した増えていきます。以前はてこずった案件とよく似ている案件でも、前回のノウハウを活かすことでスムーズに対応できることが多いです。自分のレベルアップを体感することで、さらに成長したいという意欲が湧いてきます。

 

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

中小企業診断士おすすめオンラインスクール

難関資格・国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

 

【生涯学習のユーキャン】