マンション管理士|管理業務主任者

  • 2021年2月5日
  • 資格
  • 112view

マンション管理士|管理業務主任者とは

マンション管理士は名前からも分かる通りマンションを管理する仕事です。日本は人口は減っていますがマンションの数は増え続けています。理由は核家族や一人世帯が増えているからです。昔の日本は一つの家に家族で住むのが一般的でしたが、今は家族それぞれが住むところを選ぶ時代です。マンション管理士の需要は上昇していくと言われていて、今後注目の職業かもしれません。

マンション管理士|管理業務主任者

マンション管理士は難易度が高く、合格率は10%以下です。マンション管理士は専門的な知識が必要ですし、コミュニケーション能力や問題解決能力なども必要になります。主な仕事内容はマンション管理に伴う相談業務です。住民と管理組合のパイプ役になり、管理が円滑に進むように相談やアドバイスを行います。共有スペースの使い方や騒音問題、ゴミ出しのマナーなど住民同士のトラブルを解決するための提案なども行うこともあります。管理や修繕、建て替えなどの時は現場に立ち会うこともあり、意見やアドバイスを求められることも多いです。

他にも運営診断、顧問業務など専門的な知識が必要な業務もあります。一方の管理業務主任者は国家資格なので、資格を持っていない人は管理業務主任者と名乗ることはできません。マンション管理適正化法によって生まれた資格であり、管理組合30組合につき1名以上の専任の管理業務主任者の存在が必須条件になります。試験の合格率は20%から30%くらいなので比較的難易度は難しい資格です。ちなみに資格取得後は、一般社団法人マンション管理業協会に管理業務主任者として登録する必要があります。そこで管理業務主任者証の交付を受けた段階で管理業務主任者として仕事をすることができます。

 

マンション管理士|管理業務主任者のお給料事情

給料は本人しか知らないので、正確な数字を導き出すのは非常に難しいです。給料事情に関しては色々な噂が飛び交うので、インターネット上の数字を鵜呑みにしてはいけません。会社によって給料は変わりますし、雇用体系が変われば同じ仕事でももらえるお金は変動します。インターネットで検索するとマンション管理士の平均年収は300万円から500万円前後という情報もあれば、それ以上もらえるという情報も存在します。

お給料

マンション管理士として独立して、成功することができれば年収1000万超えもありえます。不動産会社や管理会社に就職して働く場合は平均年収は300万円から500万円前後になるかもしれません。都心のタワーマンションの場合は求められる能力も増えるので、比例して給料が上がることも考えられます。管理業務主任者も同様で平均年収は300万円~500万円前後の人が多いと言われています。管理業務主任者資格を取得して、マンション管理会社を立ち上げて独立することができれば可能性はもっと広がります。会社を大きくして事業規模を拡大することができれば収入はどんどん増えていきます。

管理業務主任者の場合は実務経験が重視されますし、準備期間も長くなる傾向があるので独立を考えるのであればマンション管理士の方がおすすめです。マンション管理士や管理業務主任者は長く活躍できる仕事なので、どちらも年配の方に人気の資格であります。将来性もある仕事ですし、30代や40代の方が転職する時にも便利な資格と言えます。今後もマンションの数は増えると予想されていますし、老朽化によって修繕や建て替えをする建物も増えていくので今の段階で資格を取得しておくと重宝します。

 

マンション管理士|管理業務主任者のやりがい

マンション管理士は住民から頼られる存在なので、やりがいを感じるシチュエーションも多いです。皆が快適に住めるように管理組合と連絡を取り合ったり、トラブルが起きた時は改善策を考えます。住民と直接触れ合う機会も多いので、コミュニケーションを取るのが好きな人には向いていますし、やりがいも感じることができるはずです。仕事を通してたくさんの人と接することになるので人生経験も豊富になりますし、時代に適応する能力も求められるので常に刺激を感じながら働くことができます。

ビル

最近は日本に住む外国人も増えているので、英語などを話すことができればマンションに住む外国人とお話をしたり、外国の文化に触れることも可能です。住民の生活に直接関わる仕事なので責任重大ですが、喜びなども共有できるので素敵な仕事です。管理業務主任者もマンション管理士と同様でやりがいが多い仕事です。マンション管理のニーズが高まり、就職や転職に有利な資格であることで注目されていますが、実は住民から感謝されることも多いというのもやりがいの一つです。一般的には不動産会社や管理会社の元で働くのですが、ステップアップしていけばよりよい条件で働くことができますし、将来的には独立して自分の会社を持つことも可能です。

歳を重ねても第一線で働ける仕事ですし、むしろ経験値が豊富でトラブルへの上手に対応や解決策をたくさん持っているベテランの方が活躍できます。退職後も資格があれば働き続けることができるので、人生を豊かにすることができますし、人と接する機会が多いので日々の生活に飽きてしまうことはなくなるかもしれません。一生現役で働きたい、たくさんの人と関わりたい人にはぴったりの仕事です。

 

今、資格を取得するのにオンラインスクールが何故おすすめなのか?

オンライン上にて学びを深める目的のスクールを開きつつ、様々な講座を受けて目指している資格の取得が可能になる仕組みの事をオンラインスクールと呼び、インターネット回線を活用するからこそ唯一無二の特徴を有しています。
そのようなオンラインスクールは、リアルタイムまたは双方向型の他にオンデマンドや動画視聴といったタイプに分類する事ができ、リアルタイムまたは双方向型については予め決められている時間になったらウェブシステムに接続し、インターネット回線を活用してリアルタイムで学びを深めていく仕組みです。
そのように決まった時間になったら学習を始めるという特性から、スクールに足を運び対面で講義を受講する時とよく似た印象を得る事ができる上に、双方向型でもあるため講師から投げかけられた質問に答えたり、受講者が質問をする事も可能です。

そのため、気になる事があった時にすぐに質問して疑問が解消しやすいですし、指導してくれている方との一体感を持ちやすかったり、一緒に学びを深めている方々とも切磋琢磨しやすいです。
同じくオンラインスクールの中にあるオンデマンドまたは動画視聴のタイプについては、事前に撮影済みの講座用の映像をオンライン上にて視聴し学びを深めていきます。
オンデマンドまたは動画視聴は、情報を入力すれば会員のみがログインできるウェブサイトが用意されている事例が多く、予め撮影済みの映像であっても視聴しながら勉強をしている時に気になる事があれば、メールもしくは電話にて質問すると迅速に教えてもらえます。

オンライン講座

オンデマンドや動画視聴のタイプと相性が優れているのは、個々のスケジュールに応じて自由に勉強を進めていきたいと考えている方であり、既に撮影が済んでいて公開されている映像を使用する特性上、都合の良い時に勉強したい場合におすすめです。
しかも、必要であると感じた時には同じシーンを繰り返し見直す事も可能なので、難しく感じられたりより一層深く理解したいと感じた時には気軽に繰り返し見直せます。

こうした個々によって適するタイプが選びやすいオンラインスクールの全てのタイプに共通しているのは、インターネットに接続できるデバイスがあれば時間と場所に左右されずに学べる様子です。
インターネットに接続可能なら、コンピューターはもとよりスマートフォンであっても実際に講義を受けているような本格的な指導を受けながらの講義が可能なので、自宅はもちろん出先であっても勉強できます。

 

マンション管理士|管理業務主任者のおすすめオンラインスクール

難関資格・国家資格を目指す方のためのオンライン資格講座【スタディング】

 

【生涯学習のユーキャン】